代表者のプロフィール大阪府の建設業許可は行政書士やまだ事務所へ

代表者のプロフィール

代表者プロフィール

行政書士のプロフィール

 

建設業許可の個別無料相談の受付


 

 

 

建設業許可の個別無料相談の受付フォーム


 

 

行政書士やまだ事務所代表

行政書士山田和宏

 

代表者:山田和宏(ヤマダ カズヒロ)

 

保有資格

  • 行政書士(登録番号13262553号)
  • 大阪府行政書士会会員(会員番号6665号)
  • CCUS(建設キャリアアップシステム)登録行政書士
  • 大阪出入国在留管理局長承認申請取次者
  • 建設業経理士2級
  • 全経簿記上級(日商1級と同レベル)
  • 石綿作業主任者
  • 石綿取扱い作業従事者特別教育講師
  • 特別管理産業廃棄物管理責任者

 

経歴

  • 大阪経済大学経営学部卒業
  • 某大手コンビニで店長
  • 行政書士事務所開業

 

所属団体

  • 日本行政書士会連合会
  • 大阪府行政書士会
  • 行政書士会旭東支部広報部長
  • 大阪商工会議所

 

 

なぜ山田は行政書士になったのか?

高校卒業後はCVSの店長を7年半。
仕事内容は店舗の運営、経営管理、スタッフの教育・採用などを手掛ける。
店舗運営の知識不足を実感し、店長をしながら大学へ通い経営学と会計学を学ぶ。

 

その結果、赤字店舗を黒字体質に転換に成功する。
しかしながら経営環境の悪化に伴い閉店。

 

閉店後、次は何をするかを考えている時に…
建設業一筋50年越えの祖父から

 

 

カズ!行政書士取ったら、仕事あるぞ!
ウチの手続き任せるぞ!


 

その言葉を信じて行政書士になる事を決意。
2年の受験勉強の末、行政書士試験に合格。

 

その後、建設系行政書士になるべく勉強を開始。
数年後に行政書士やまだ事務所を開設いたしました。

建設業を専門にした理由

私の周囲には建設業関連の人間が沢山います。

 

  • 祖父は管工事50年越えベテラン親方
  • 叔父も祖父に弟子入り~独立して建設会社経営
  • 従妹は現場でバリバリの職人と建築士
  • 友人は解体屋

 

彼らに共通することは、

 

建設業者は忙しい

 

朝は4時起きや5時起きは当たり前。
現場仕事から人材確保と育成、営業に集金作業…
親方の奥様も事務仕事に現場の手伝い、家の仕事と休む暇がない。

 

建設屋さんにとって、建設業許可は必要不可欠。
また公共工事をする会社だと、経営事項審査も必要。

 

これらの手続きは、かなり面倒で時間が取られます。
書類もルールも頻繁に変わる。

 

手続きの頻度は高くない。
年に1回の手続き、5年に1回の更新。
建設屋さんにとって、建設業許可を常に追いかけ続けるのはコストが合わない。
だけど疎かにもできない…

 

少しでも家族や友人たちの力になりたいと思い、
建設業系行政書士になる事を決意しました。

 

 

カズ!お前のお陰で仕事に集中できるわ!
助かるぜ、ありがとな!


 

この一言が私のモチベーションです。

 

私が日々取り組んでいる事

建設業の親方の期待に応える為、常に建設業許可や経営事項審査に関する研鑽を怠っておりません。
暇があれば許可や経審に関する書籍で勉強をしています。

 

また他の建設業許可を専門とする行政書士との勉強会に参加しています。
現在は3つほど建設系行政書士の勉強会に参加しています。

 

建設業界を理解すべく建設系の資格を取得したり、大阪商工会議所の建設・建材部門に参加しています。

 

行政書士はコンプラ経営の実行支援業です。

コンプライアンス経営の実行支援業

 

私は行政書士をこの様に定義づけております。
行政書士の本分(独占業務)は、許認可の手続き代行とライセンスの維持管理にあります。
建設業許可を始めとする許認可は、取得して終わりではありません。
ライセンスを事業が継続する限り維持する必要があります。

 

許可や免許を長期に渡って維持管理するには、法令を遵守する事が大切です。
言葉にすると簡単に見えますが、実行することは至難の業です。

 

会社や取り巻く環境、ルールは常に変化し続けます。
忙しい本業の合間に、畑違いな許認可の情報を最適な状態を維持し続けるのは本当に大変です。

 

当事務所の仕事は、ただ許可を取るだけでは終わりません。
忙しい貴方に代わり、許認可の維持管理のお手伝いをする事です。

 

行政書士やまだ事務所の評判

 

 

複数の建設業のお客様から、Googleマップに口コミを頂戴いたしました。
ありがとうございます!


 

マンガ

 

 

個別無料相談受付中