建設業許可の2番目の要件、技術者について

大阪府の建設業許可での専任技術者の学歴で実務経験の期間が短縮されます。

【建設業許可大阪】専任技術者で必要な学歴と実務経験専任技術者

専任技術者の学歴で必要な実務経験の期間が緩和されます。

 

指定学科を卒業していない場合は10年の経験が必須

 

高校は普通学科、大学は法学部や経済学部など指定学科を卒業していないケースですと、10年間の実務経験が必要になります。
建設業許可の専任技術者で10年のケースが一番多くなっています。
また10年間の経験とは詳しくは別のページでご説明いたします。

 

高校なら5年・大学などで3年の実務経験

 

卒業した学校によって、要求される実務経験の期間が変わります。

 

・工業高校などの高校を卒業すれば5年の実務経験。
・建設系の学科の短大・高専を卒業すれば3年。
・工学部の建設系の場合、3年の実務経験。
・工業系の専門学校で専門士・高度専門士を取得した場合は3年の経験。
・工業系の専門学校を卒業したケースだと5年の実務が必要。

 

建設系の学歴とは

 

上記の表で建設系の学歴とご紹介しています。
この建設系とは工業高校なら建設学科や土木学科などの専門学科を指します。
大学であれば工学部の土木工学や建築学、都市工学や機械工学などの学科を示しております。
短期大学や高専も同じ種類の学科が指定学科に該当します。

 

学科と許可業種は対応しています

 

建設系の学科を修めれば、どの許可業種でも大丈夫だと良いのですが、学んだ内容対して許可業種は制限があります。
例えば土木工学系の学科を卒業していれば、「土木工事業関係」の許可業種になります。
また建築学系の学科を修めれば「建築工事業や大工工事業」などの許可業種になります。
そのほかにも電気工学や電気通信工学系の学科であれば「電気工事業・電気通信工事業」が該当します。

 

扱いが特殊な専門学校

 

大阪府では専任技術者の指定学科に専門学校も含まれるようになりました。
専門学校の場合は、卒業資格+3年の場合と5年のパターンに分かれます。

 

・専門学校で専門士の学位を得た
・専門士の学位がない

 

専門士・高度専門士の学位がある場合

 

建設系の専門学校を卒業して「専門士・高度専門士」の学位を得た場合は短期大学を卒業したのと同じ扱いを受けることになります。
よって専門士の学歴と3年間の実務経験があれば、専任技術者として認められます。

 

専門学校は出たけど専門士を持っていない場合

 

専門学校の専門課程を卒業したけれども「専門士や高度専門士」の資格を取らなかった場合ですと、工業高校を卒業したのと同じになります。
すなわち卒業資格+5年の実務経験が立証できれば、大阪府から技術者として確認を受けることが可能です。

 

学科名で判断がつかない場合

 

近年では伝統的な「建築学科や土木工学科」ではなく、様々なニーズに応えて色々な学科が誕生しております。
中には学科名だけを見ても、どの許可業種の経験が減らすことができるのか分からないケースが多いです。

 

例えば、「インテリアアーキテクチュア&デザイン科」、「設備環境デザイン学科 」、「住環境リノベーション学科 」、「インテリアマイスター科」など一見しただけでは良く分からない学科があります。

 

取りたい許可業種での指定学科に対応しているのか、自信をもって断言できる人はその学科の先生と卒業生くらいです。
このような場合は母校で履修科目証明書などを用意して、役所と事前に相談する必要が出てきます。

 

この場合で必要な確認資料について

建設業関連の学科を卒業した場合と10年の経験(許可を持っていない業者)での実務経験を証明する資料については別のページでご紹介いたします。
ご興味がある方は指定学科を卒業した場合の専任技術者の確認資料をご参照ください。
ここまでお読み頂きありがとうございます。

ページの先頭へ戻る