大阪府では非常勤役員の経験は除外されます。

【建設業許可大阪】経営業務の管理責任者に求められる経験を4コマ漫画で経営業務の管理責任者

経営業務の管理責任者に求められる役員経験とは

【建設業許可大阪】経営業務の管理責任者に求められる経験を4コマ漫画で建設業許可の経営業務の管理責任者

【建設業許可大阪】経営業務の管理責任者に求められる経験を4コマ漫画で建設業許可の経営業務の管理責任者

経管になるために必要な経験年数

【建設業許可大阪】経営業務の管理責任者に求められる経験を4コマ漫画で経営業務の管理責任者

 

経営業務の管理責任者になるには、5年の建設会社の経営経験が必要です。

 

 

今は5年の経営経験で29業種の経営業務の管理責任者になれます。
2020年の10月に要件が変更されました。


 

 

新しい経管証明書の書き方は別コンテンツになります。
ご興味のある方は、こちらもどうぞ

 

関連記事:常勤役員等(経営業務の管理責任者)証明書の書き方

 

 

5年の経営経験の場合

【建設業許可大阪】経営業務の管理責任者に求められる経験を4コマ漫画で経営業務の管理責任者

 

役所はどこで役員経験は請求書に書かれた内容で確認

大阪府や近畿地方整備局は建設会社の役員経験の中身をどうやって確認するのかということですね。
会社名が○○大工とか△△塗装、××電気なら業種が分かりやすいです。

 

しかし🔶建設工業など会社名だけでは、建築?土木系?電気工事?と何の仕事をしているのかわかないケースが多いですね。
また△△塗装と言いながらも左官工事や内装工事などを手掛けていないとは限りません。

 

許可申請時に提出する請求書などに書かれた工事名や登記簿や定款に記載されている事業目的を見て経験の種類を確認します。
建設業許可では工事の請負契約の内容が非常に大事になってきます。

 

工事の内容が分からないと、本当に許可業種の経験か不明となってカウントされないリスクがあります。

 

非常勤の役員経験は経管の必要年数にカウントされません。

経営業務の管理責任者には経営経験が必要なのが分かりました。
ここで疑問に思うのが、非常勤の取締役経験はカウントすることが出来るかですね。
東京都は非常勤でも会社経営に参画していれば、経験年数に貰えますが大阪府はアウトです。

 

大阪府では非常勤の取締役の経験はカウント除外されます。

 

審査の時に非常勤とも常勤とも書かなければ大丈夫では?

商業登記簿には常勤とも非常勤とも記載されていないから大丈夫ではないの?
ご質問としてよくあります。
しかし大阪府で許可を取る場合は難しいですね。

 

申請書に役員等の一覧表があり、そこにも常勤と非常勤を明記する必要があります。

 

 

関連記事:役員等の一覧表の書き方

 

 

大阪府知事許可で経営経験の確認資料は商業登記簿だけでは足りません。
5年分から6年分の確定申告書と同じく請負工事の契約書や請求書を求められます。
そして確定申告の役員報酬欄にハッキリと常勤か非常勤と書かれています。

 

また報酬欄の年収が少なすぎたりすると、非常勤ではないかと疑いを持たれます。
また許可行政庁も経管の審査は厳しくチェックしてきます。
一見簡単そうに見えて、意外と難しいのが経営業務の管理責任者に求められる経験です。

ページの先頭へ戻る