【建設業許可大阪】3年前に失効した許可を復活させる事は出来ますか?

【建設業許可大阪】3年前に失効した許可を復活させる事は出来ますか?期限切れで建設業許可を失効
有効期限が切れた許可を再交付しようとした人を表現した4コマ漫画です。

 

以前に有効期限が切れた許可の再交付

今回の質問は、ご家族が経営していた会社を継いだ方の質問です。
3年前に建設業許可の更新することを知らずに失効させてしまいました。
新築工事のお話があり、建設業許可が必要になりました。
友人に申請について聞いたところ、一度失効し再度の交付となる手続きは新規申請と違うと聞いたんですが、
府のホームページには再交付の申請について見当たりませんでした。

 

状況の整理

・ご家族が経営していた建設業許可を持った会社を引継いだ。
・許可に更新が必要なことを知らずに3年前に失効してしまった。
・失効した許可の再交付の手続きがあると友人から教えてもらった。
・お役所のHPには一度失効した許可の再交付の手続きの手順が掲載されていない。

 

回答

・非常に残念ですが一度失効した建設業許可の再交付を受ける手続きは存在しません。
この場合は新規の申請を一からやり直すことになります。

 

新しく許可を取った場合ですが、許可番号も以前のものとは違ったものになってしまうことにご注意ください。

 

解説

建設業許可は5年ごとの更新制で、更新手続きをしないと許可がなくなってしまいます。
有効期限の30日前までに更新の書類を大阪府に提出することを義務付けております。
そして一度失った許可を再交付する手段はありません。
もう一度、新しい建設業許可を取得するしか方法になってしまいます。

 

根拠条文は建設業法第3条の3項に、
建設業許可は、5年ごとに更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。

 

また建設業施行規則の第5条には
許可の更新を受けよとする者は、有効期間満了の日、30日前までに許可申請書を提出しなければならない。

 

許可を取り直す場合の注意点

有効期限が切れた会社でもう一度、大阪府の一般建設業許可を取られる時ですが、
完全な新規よりは書類が揃っているので、やり易い面がございます。
許可が維持できるようにキチンと対策を取られていたのでしたら、申請書類も確認書類も前回の許可申請時に使用したものを再利用できるからです。

 

しかし許可の維持管理を念頭に置いていなかった時は、まったくの新規と変らない難易度に跳ね上がります。
特に先代の代表者が経営業務管理責任者と専任技術者の両方を兼任して、その人の代わりが出来る人を用意していなかった場合は非常に厳しくなります。
このケースだと経管や専技を新しく用意する必要があるからです。

 

許可は取るだけではなく、長期に渡って維持管理するものです。

一度、建設業許可を取ったあとは、5年ごとの更新に、毎年の決算変更届に、役員や技術者に営業所などの変更があれば随時の手続きが必要になってきます。
この許可は人的要件が肝で、経営業務の管理責任者や営業所ごとの専任技術者がいなくなると、1日でも許可が取り消されます。

 

今回のケースのように更新を失念して失効させてしまうと、これまでに築き上げた信用も吹っ飛んでしまいます。
許認可を維持管理するのは、意外と大変なものです。

ページの先頭へ戻る