建設業許可の役員等の一覧表(別紙一)

役員等の一覧表(別紙一)の書き方と記載例【建設業許可大阪】建設業許可の役員等の一覧表の書き方

 

この記事では建設業許可申請で提出する役員等の一覧表の書き方と記載例を紹介します。

 

この書類に記載する必要がある人は、会社の取締役など経営者となります。

 

・株式会社・・・取締役
・有限会社・・・  〃
・合資会社・・・業務を執行する社員
・合名会社・・・     〃
・合名会社・・・     〃
・委員会設置会社・・・執行役
・組合・・・理事

 

他に会社に一定以上の出資をしている人も記入します。

 

・5%以上の株主
・5%以上の出資者

 

あとは会社経営に一定以上の影響力がある人物を記入します。

 

・相談役
・顧問

 

 

役員等の一覧表に役員や顧問・相談役を書かせるのは、反社会的勢力が法人経営に参画していないかを確認する為ですね。


 

役員等の一覧表の対象外となる役員

次は一覧表に書く必要がない人をご紹介します。

 

・執行役員
・監査役
・会計参与
・事務局長

 

これらの役職の方は役員等に該当しないので記入は不要です。

 

役員等の一覧表(別紙一)の書き方と記載例【建設業許可大阪】建設業許可の役員等の一覧表

 

まずは何も書かれていない白紙状態の申請書を掲載いたします。
この後に記入済みの書類をご紹介します。


 

役員等の一覧表の記載例

役員等の一覧表(別紙一)の書き方と記載例【建設業許可大阪】建設業許可の役員等の一覧表記載例

 

書類の書き方

役員等の一覧表の記入方法をご紹介します。
まずは氏名の部分からご説明します。

 

・商業登記簿に書かれた人全員を書く。
・氏名は登記簿と同じ文字で。
・名前の上にカタカナでフリガナ。

 

法人の役員は履歴事項全部証明書(商業登記簿)に記載されている人全員を記入します。
(監査役などを除く)

 

次に名前は商業登記簿に載っている通りの氏名を記載します。
当て字などは不可です。

 

 

例えば登記簿上「剛」だけども、当て字で「剛史」としている場合ですが、
役員等の一覧表には「剛史」ではなく、「剛」と記入する必要があります。


 

次は役職名を記入します。

 

・代表取締役
・取締役
・無限責任社員
・理事
・相談役
・株主等

 

最後に役員である人の部分に常勤・非常勤を記入します。
(経管は常勤のみ)

 

 

建設業許可の役員等の一覧表の書き方は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。


 

 

ページの先頭へ戻る