主要取引金融機関名・様式第二十号の三

主要取引金融機関名・様式第二十号の三の書き方と記載例

 

このページでは建設業許可申請で必要な、主要取引金融機関名・様式第二十号の書き方を図解を用いて、ご紹介します。

 

書類は比較的にシンプルですが、何か所か注意点がございます。

 

・財産的基礎の証明で500万円の自己資本が証明できないとき
・複数の銀行などから融資を受けている場合

 

一般建設業許可では、500万円の自己資本が証明できない場合、500万円以上の残高証明書を提出します。
この時に提出した銀行口座の支店名を失念すると面倒なことになります。

 

 

関連記事:建設業許可の財産的基礎について

 

 

 

複数の金融機関から融資を受けている場合の銀行の並び順です。メインバンクは一番上に記入することが必要になることも。
銀行よってはメンツを潰されたと思う場合があるとか。


 

白紙状態の主要取引金融機関名・様式第二十号の三

主要取引金融機関名・様式第二十号の三

 

まずは未記入の主要取引金融機関名を掲載いたします。
この書類は大阪府の建設業許可を管轄する部署のサイトよりダウンロードいたしました。

 

主要取引金融機関名の記載例

主要取引金融機関名・様式第二十号の三の記載例

 

 

記入済の主要取引金融機関名です。
取引がある銀行を種類ごとに分けて記入します。


 

主要取引金融機関名・様式第二十号の三の書き方

主要取引金融機関名・様式第二十号の三の書き方

 

記入方法をテキストでご紹介します。

ここからは書類の書き方を文書で掲載します。
(正直…必要かは微妙な気がしますが)

 

この書類に記入するのは、許可申請者が取引(口座など)している金融機関の名前を記入します。
あと銀行の名前だけでなく、取引支店や営業所・出張所まで正確に書いていきます。

 

・政府系金融機関
公庫など政府系の金融機関と取引があるときは記入します。
ここに記載される銀行は3種類しかありません。

 

独立行政法人住宅金融支援機構、株式会社日本政策金融公庫、株式会社日本政策投資銀行です。
独立行政法人は(独法)と省略することもあります。

 

・普通銀行、長期信用銀行
ここには、銀行や長期信用銀行に口座がある場合は銀行名などを記入します。
対象の銀行は以下の種類がございます。

 

・メガバンク
・地方銀行
・第二地方銀行

 

例:三井住友銀行:城東支店など

 

・株式会社商工組合中央金庫、信用金庫、信用協同組合
この欄には、信用金庫や信用組合と取引がある場合に記入します。

 

例:北おおさか信用金庫 城東支店、大同信用組合 城東支店など

 

・その他の金融機関
この欄には、ゆうちょ銀行や農協、漁協などの金融機関が入ります。

 

 

主要取引金融機関名の記入方法は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
許可申請をご自身でされる方のお役に立てれば幸いです。


ページの先頭へ戻る